歯医者で親知らず発見

一週間前から歯が痛くて、ここ最近はその痛みで眠ることができませんでした。
でも、歯医者が大の苦手なのでずっと行くのを渋っていました。そのシワ寄せが一気にきたのか、転げ回るほどの痛みにまで発展し、嫌々ながらも歯医者を受診しました。

どれほど大きな虫歯があるのだろうとドキドキしていました。でも先生の言った言葉は一言、
「親知らずですね。」
どうやら親知らずが虫歯になり、歯茎に炎症を起こしていたみたいです。

親知らずのイメージは、とりあえず痛いということ。友人が何人か親知らずを抜いたのですが、その全員が二度とゴメンだと言っていたのです。もう恐怖しかありませんでした。
しかし、親知らずはほっておいても痛みは絶対に引かず、むしろ酷くなる一方だそうです。
意を決して抜くことにしたのですが、抜歯当日はお腹を壊すほど緊張していました。

でもいざ抜歯を終えると、思っていたより痛みはましでした。麻酔が切れたらすごく痛いのですが、処方された痛み止めで改善できる程度でした。
顔も一週間ほど浮腫みましたが、それも徐々になくなりました。
あのまま痛みを我慢しなくて良かったです。